社労士の必要性
社労士の必要性

こんにちは!身体を動かすことが好きな社労士の藍(アイ)です。よろしくお願い致します!

社労士は、おそらく皆さんのお役に立てると私は考えています。どの社労士に相談しても一定の効果は見込めるはずです。ですが、私のところでは、業務上はもちろん、プライベートでもお役に立てると思っております。その中身は「楽しい健康つくり」です。汗をかく楽しみ、とでもいいましょうか。

 さて、皆さんは、率直に社労士を必要としていますか?今後必要になる見込みがありますか?
もし、お客様が「社労士が必要になる見込みが少しでもある」のであれば、ぜひお話を聴いていただきたいです。といいますのも、社労士は皆様の経営に有益になり得る存在だからです。

 社労士は、「人事・労務の専門家」でありますが、社労士の価値は実はそれだけではありません。

 企業様のお困りごとに向き合って具体的なお役に立てる相談相手なのです。そのために必要な、業務上の専門知識・情報量がとにかく豊富です。ただ、情報と一口に言っても、法律の知識であったり、助成金の改正情報だったり、人事・労務情報であったりといろいろです。

 ですが、貴重かつ有益なこれらの知識・情報も企業様の役に立てなければ宝の持ち腐れになってしまいます。そこで、「これらの知識・情報を経営資源としてムダなくご使用いただき、皆さまの経営のために役立てたい!」=「とにかく、役に立ちたい!」と私は個人的かつ具体的に考えています。


アイ事務所では、個々の企業経営者様のお役に立つことを目標とし、決して強引な勧誘は致しません。「社労士は企業様の味方、よき相談相手でいたい」というのが、基本的なスタンスです。

ですが、普段からお客様が社労士を使うことについて必要性がないと感じたら、業務は依頼しませんよね?ただ手続き、給与計算等をするだけでは自社の事務員さんにしてもらえればいいだけです。社労士とは何をしてくれる人なのか?多くの皆様が考えていらっしゃると思います。そこで・・・

社労士って何をしている人なの?、社労士に人事・労務の仕事を頼むのにどんなメリットがあるの?、社労士って何だか費用が高そうだけど、どうなの?などの素朴な疑問について社労士の
必要性をQ&A方式でお答えしていきます!                       

よくあるご質問


 企業が社労士に業務を依頼するメリットはなに?


A お客様である企業様にとって一番の関心事だと思います。私たち社労士は、企業の方が社労士にその業務を依頼すると、「具体的に何がどう変わるか?」その過程から結果に到るまでを丁寧にご説明して、お客様である企業様に目に見える形でのメリットを実感して、納得していただけることを大前提とした仕事をするべきだと、考えています。

  具体的には、一度お試しで社労士を使ってみることをお勧めします。アイ事務所の例としては、初回無料相談に申し込む、セミナーや勉強会に参加するなど。実際に使ってみたお客様の感覚が一番大事ですので、ぜひ検討してみてくださいませ。


2 
Q 社会保険労務士(社労士)って、普段はどんな仕事をしているんですか?

A 一口に言うと、企業の業務を具体的にお手伝い・サポートし、アフターフォローをする仕事になります。といっても抽象的で分かりにくいと思いますので、主な具体例を3つほど挙げておきますね。
@従業員の入社・退社手続、毎年処理する手続業務(労働保険年度更新・社会保険算定基礎届)
A企業で、日々の業務から発生する労務管理上の諸問題の解決策を提案する(企業の相談役)
B企業と従業員の間、又は企業と行政の間に入り互いの主張をできるだけ分かりやすく説明する

@には、含まれていない手続きも多くあります。傷病手当金、出産手当金の各請求事務、三六協定
届出事務等、他にも創業するとき、社内ルールを整備するとき、セミナーを開催するときなどです。※これら以外の業務はまだまだございますが、その全部については説明できませんので、ここでは割愛させていただきます。


Q 相談するだけで、業務を依頼するかわからないけど、料金や費用がかかるのですか?

A ご安心ください。当事務所では新規のお客様向けにお試しでどういう事務所かを知っていただくために、初回無料相談(1時間程度)を実施しておりますので基本的に料金はかかりません。まずはご質問して気を楽にしてください。その場でお答えできる内容ならばお答え致します。その場でお答えするのが困難な内容の場合は、ご回答に時間を要することも考えられます。お問い合わせの際に「〇〇のことで、ちょっとお聞きしたいことがあるので、無料相談したいのですが」とお伝えください。


Q ちょっと困ったことができてしまった。社会保険労務士(専門家)に相談してみたい、依頼したいけど、料金が高くて、または分かりにくくてすぐ請求されそう。どうしようかな?

A 大丈夫ですよ。前述のとおり、当事務所ではお試しでどういう事務所なのか知ってもらうために無料相談(1時間程度)を実施していますのでその場で料金を請求することはありません。安心してご相談ください。ご相談してくださったうえで、お客様が納得していただけない場合には、業務依頼を見送ることも当然できます。お客様が納得していただければ、次のステップ(業務依頼)をご検討すればよいだけです。お問い合わせの際は「〇〇のことで、困っています。無料相談したいのですが」とお伝えください。


Q 社会保険労務士っていう士業のイメージ、考え方は何か堅そう、恐そう、何をしてるか全く分からない感じなんですが、実際の所はどうなんですか?

A 確かにそういう人(恐そう、堅そう)もいますね。当たり前ですが、考え方は人それぞれだと思います。周りを見渡しても同業者は中々の個性派ぞろいですよ。(笑)お客様が相談してみて、信頼できる人に任せてみるのがいいんじゃないでしょうかね。お客様にピッタリの社会保険労務士をお探しください。そのためにもまずはご相談してください。きっと未来が切り開けていきますよ!


Q 業務依頼をした場合、料金の割り引きやセット割をすることがあるのですか?

 当事務所では、トラブル防止、お客様の利益のために料金表を明示しています。載せてある料金表はあくまでも目安となっております。いろいろと事情があると思いますので料金の割引を希望されるお客様はまずはご相談してください。お問い合わせの際、「料金の割り引きをお願いしたいのですが」とお伝えください。できるだけ善処させていただきます。セット割についてですが、2つ以上のお仕事の依頼があった場合、セット割料金の適用があります。ご依頼時に「〇〇のことと〇〇のことで、依頼したいのでセット割の適用をお願いします」とお伝えください。


Q 実際に業務依頼するには一度だけお願いする場合、継続してお願いする場合など考えられますが、依頼しようとしている自分が決めれるのでしょうか?また、継続して業務依頼をする場合、具体的にはどのような流れや形式になりますか?

A もし、お客様が業務をご依頼されるときは、一度だけ(スポット)なのか、継続していくのか(顧問)はお客様が当然・かつご自由にお決めください。当事務所が業務依頼時にお客様の意思を確認させていただきますのでご安心を。ご依頼の際に「〇〇のことで、スポットで依頼したい」、「〇〇のことで、継続して依頼したい」とご希望をお伝えください。

 スポット業務は一度だけですが、継続して依頼される場合は、@総合顧問タイプか、A相談顧問タイプのいずれかをご選択していただくことになります。簡単にいうと、総合顧問タイプは手続き+相談業務の総合型、相談顧問タイプは相談業務のみで手続き業務は依頼しない形式になります。お客様のお考えに合うプランをお選びください。どちらもお客様のメリットに繋がることになりますので。


Q ちなみに藍さんって社労士さんはどんな人なんですか?まだお会いしていないのでちょっと不安なんですが・・・

A 当事務所のホームページには私の顔写真は載せておりません。ですからどんな人なのか?皆さまは「顔」が分からないので不安に思われていることと思います。自分はいたって普通の人間です、といいたいところですが、違います。自分は運動好きでいろいろな所に行くのが好きです。できれば直接お会いしてお話できれば分かって頂けると思っております(笑)。写真映りがあまりよくないのですが、できるだけ近いうちに顔写真を載せるようにします。
                                               
                                                    






 
 
 
 

お問合せ
アイ社会保険労務士事務所
〒065-0032
札幌市東区北32条東7丁目
2−28
パラッツオ北32−202
TEL:011-577-8757
FAX:011-577-8757
受付時間(9時から17時)
メールでのお問合せ

24時間可能

事務所案内ページはこちら


・ 関連リンク 
 ≪行政書士 加藤真吾事務所≫